その日のメイクでクレンジングアイテムを使い分けよう

kurenjingu1

肌に優しいクレンジングを心がけたいなら、

その日のメイクによってクレンジングアイテムを使い分けるといいです。

スポンサーリンク

使い分けずにいるだけで肌に負担がかかっている

バームタイプ、オイルタイプ、拭き取りタイプ、ジェルタイプ、クリームタイプなどなど…。

今までいろんなタイプのクレンジングアイテムを使ってきたて分かったことは、

”メイクの内容でアイテムは使い分けないと肌に負担がかかる”ということでした。

そもそもクレンジングアイテムを使う目的はメイクオフすることですよね。

だから美容成分をいくら配合したところで一緒に洗い流されてしまうことが多いようです。

逆に肌にいつまでもヌルヌルとした感触が残るようなら、

それを「保湿されてる」と感じるか「クレンジング成分や汚れがまだ残ってる」と感じるか。

どういう印象を受けるかで使用感が変わってくるかと思います。

ただ汚れを落とすものはそれに特化したものの方がいいから、

メイク汚れを落とすものと、美容成分を与え保湿するものとは別に考えた方がイイですよ。

いくら「美容成分配合」とされているアイテムでも、

メイク汚れを落とすことをメインに作られているのがクレンジングアイテムだから、

配合されてる美容成分なんて本当にごく少量しかなく、その効果は期待できるものではありません。

美容成分を肌に残したまま汚れだけを落とすアイテムはないと考えた方がイイです。

ちなみにトロミなどのテクスチャーは配合成分でどうにでもなるから、

別に美容成分が入ってるからトロミがある…とは限りません。

成分任せでテクスチャーを作りだしてるアイテムもたくさんあるので。

肌に優しいクレンジングとは?

私がバッチリメイクの日に限って使うアイテムは、

kurenjingu2.JPG

大島椿の椿油です。

これを乾いた手に適量取り出してメイクと馴染ませ、

ティッシュなどで優しく拭き取ったら後は石鹸で洗顔するだけでスッキリ♪

ウォータープルーフの日焼け止めやファンデーションなどを重ねたメイクでも、

指先で優しくクルクルするだけでメイクや汚れが浮いてくるんです。

だからメチャ楽にクレンジングができるので気に入ってます。

肌に優しいクレンジング剤…実はオイルクレンジングでした

オイルクレンジングは界面活性剤など肌を刺激する成分配合で、

洗浄力が強く使い方によっては肌にダメージを与えてしまうから、

肌に悪いとか、肌に負担がかかるなど…がよく言われていますね。

確かにオイルクレンジングは他のアイテムよりも洗浄力が高いです。

だからこそ短時間で汚れを浮かせることができる!ってことでもあるんですよ。

汚れが浮いてきたらサッサッと洗い流してしまえばいいんです。

短時間でくレンジングを済ませてしまえば肌に負担はないから、

洗浄力が高く汚れをサッと浮かせやすいオイルクレンジングがおススメだったりします。

もちろん使い方によっては逆効果になってしまうアイテムでもあるから注意が必要だけど。

肌に優しいと言われるものでも洗浄力が弱いのはNG

遊びに行く時、仕事に行く時、飲みに行く時、デートの時など。

シーンに合わせてメイクの方法や使うアイテムを変えていると思うのですが、

この場合はその日によってメイクが違うものですよね。

クレンジングで肌に優しいものをと思って、

ミルクタイプやクリームタイプやウォーターベースのものを選ぶのもいいんだけど、

洗浄力が弱いと何度も同じ個所を擦ってしまうことになりますよね。

かといってメイクを肌に残したままっていうのも気になるからスッキリ汚れは落としたい。

だからついゴシゴシとしつこく擦ってしまうことになります。

それにこの手のタイプの方が、

肌にのせたくない成分がオイルタイプよりも多く含まれてたりするから、

肌への優しさ無視の利便性や使用感だけで選ぶならアリだけど…。

これらのことから、

オイルタイプよりもかえって他のタイプの方が肌に負担がかかったりするものです。

  
 
 

まとめると、

 

【汗や皮脂、水で落ちにくい、崩れにくいメイクアイテムを使用】

やっぱり汚れを落とすのはそれに特化したアイテムを選ぶのがおススメ。

【ミネラルファンデーションなど洗顔だけで落とせるアイテムのみを使用】

オイルクレンジングほどの洗浄力は必要ないから違うタイプのクレンジング剤でもOK!

こんな風にその日のメイクでクレンジング剤を使い分けるのがおススメ!

ちなみにファンデだけ洗顔で落とせるものを使っていても、

他に洗顔だけで落とせないアイテムを一つでも使っていたら、

洗浄力が高いオイルクレンジングでしっかり落とした方がいいですよ!

スポンサーリンク